読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓶詰めの青

零したり詰めたり

あの人の考えるあの人の人生に私の居場所がないことを悲しく思ったことがあった では 私の考える私の人生にはあの人の居場所は今ある?

天野しゅにんた 『philosophia』

 

本気で愛し愛されたいと言いつつも、他愛無い肉体的接触と言葉遊びを繰り返していることが結構好きだ。

あなたはちょっと特別、みたいなトーンとか目線とか表情とかタッチとかを、1割考えて残りは無意識でしてみたり。心がついてくるように、本当に愛しいという気持ちを思い出しながら手をつないだり。

 

肉体的に触れ合っている間は本気で好きにはなれないと思う。あなたはわたしの心など見えてはいないし、わたしもまた見えてはいないのだから。しかしほとんど考えずに動いている間、一瞬、まるで本当に好きなような錯覚を起こせるときがある。

錯覚を繰り返しているうちに本当に好きになったりもする。その時は本当に本気だから、相手のすべてを受け入れたくて、相手が望むなら多少イヤなことでもする。言うことも大抵聞く。こういう状態はおかしいと思っても無理やり納得する。こんな関係性は明らかに歪だからいつも長持ちしなくて、わたし自身から別れを告げる。恋に恋していたんだなと思いながら。

そして本当に愛し愛されることをまた願う。

 

不毛の極みだ。

 

***

 

わたしの考えるわたしの幸福な人生には、恋人ポジションが不在なことに気がついた。愛し愛される関係を築くことが最も幸せなことだと思い、それを望みつつも、「わたしの」幸福な人生にはその要素が含まれていない。

 

なぜならわたしは「異性に愛されること」を信じていないのだ。それは幻想だと本気で信じている。男の人がわたしを好きだと言うときは、単にセックスがしたいからだと思っている。だからわたしは、あなたの好きはただの性欲なのだと教えたくて、あっさりと応じる。その好きがわたしの求める好きではないとわかっていても、好きと言われたいからわたしはそれからも好きな人の言うことを聞く。好きと言われたい一心で自分の本心から目をそらす。

 

そうではないと信じていたが、わたしはこれもまたある意味男性不信なのだなと気付かされた。原因はかなりある(細かくは書けない。要は犯罪被害だ)。

わたしは心を愛されたいのに、それを愛されることを信じられない。友達としての男性は面白くて優しいし尊敬できるのに、恋人としての男性はわたしのことを心から愛して大切にしてはくれない生き物だろうなという歪な感覚を持ってわたしは生きている。だからか、友達としての男性は好きになれない。友達だから彼らはいい人なのだから。そして、あまりよく知らない人を恋人に選ぶ。

 

願っていることと信じていることが矛盾しているからわたしは苦しいのだろう。わたしの考えは間違っていると言葉にして表してみても、わたしは自分が男の人にとってはただのオモチャでしかないんだという感覚がなくならない。