読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓶詰めの青

零したり詰めたり

「問題ない。」と呟いて、言葉は失われた?

wowaka 『ローリンガール

 

3日間ほとんど食べずに泣いて暮らしてみた。

自分の幼稚さや至らなさや考えの浅さがよくわかった。

 

ひとしきり泣いて、ぐちゃぐちゃになった何かをある程度解いてみたら、今までのように「なにか」を書きたくなって、パソコンを立ち上げてみた。

でも、何も書けなくなっていた。

いや、ずっと前から何も書けなかった。

 

わたしの中にある、表現できる世界、は高校のころに書き尽してしまっていてもうわたしには何もないのだ。いや、すべて、言葉にできないところまで行ってしまった。わたしの「なにか」は結構前からわたしの言葉ではさわれなくて、そのことを、わたしは成長とかいう嘘でごまかしていた。でも今は思う。わたしは「なにか」をまさに瓶に詰めて、さわれなくしてしまった。

「なにか」について考えたくなかったから。「なにか」から逃げたかったから。「なにか」を閉じ込めたかったから。

 

だから今、「なにか」に救いを求めても「なにか」は助けてくれない。

わたしはすごくばかだ。